共同研究開発

研究開発への取り組み

弊社はクーラント液のさらなる浄化、タンク清掃の軽減を目指し常に研究開発に取り組んでおります。


その中の柱として
・ お客さまとの共同開発による商品開発
・ 産学協同による基礎研究開発
・ グループ内の技術開発センターとの共同の基本技術開発
をメインに研究開発を進めております。



お客さまの中で、常に改善の対象となる加工ワークの表面精度悪化の主要因を明確にしその要因を取り除くための商品開発をするべく産学協同にて岡山大学と共同基礎研究を始めた。

具体的には、加工ワーク表面に生成されるスクラッチの原因を探るためにクーラント中のスラッジ・砥粒に注目しその因果関係を調べることとした。

●プロフィール

塚本 真也 
1952 年生まれ
岡山大学 工学部 機械工学科
生産工学講座機械加工学分野 教授
文部科学省特色ある大学教育支援プログラム 推進代表者
砥粒加工学会 理事
リメディアル教育学会 理事
精密工学会 評議員
日本機械学会 運営委員

製品カタログ
製品カタログ
お問い合せ
ご質問、ご相談お気軽にお電話ください。 0120-737235 9:00~18:00 月~金
お問い合せフォーム
評価機貸し出します。
お試しいただいた70%のお客様が導入を決められるマグセパをご評価ください。
貸し出しフォーム
新着情報
さらに詳しく見る